理念

 ≪法人理念≫

安らぎと楽しさ、個性を引き出す保育

保護者が気軽に意見、要望を出せる保育

職員の資質の追及・より良い労働条件の保全保

 

≪保育理念≫

当保育園は児童福祉法に基づき、保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設である。

私たちは、児童憲章、児童権利宣言、保育所保育方針、保育士倫理要綱などに則って保育をします。

従って、入所する乳幼児の最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしいものになるよう、日々の努力を怠らない。

 

≪保育方針≫

子どもが健全、安全で情緒の安定した生活ができる環境及び自己を十分に発揮しながら活動できる環境を整え、五感を育み、感受性豊かで健全な心身の発達を図る。

養護と教育が一体となって、人間性豊かな子どもを育成する。

家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力のもと、家庭教育の補完を行う。

地域における子育て支援のため、乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言を行うなどの社会的役割を果たす。

 

≪保育目標≫

ひとりひとりの発達、持ち味、個性を大切にしながら、友達と遊べる心豊かな子どもを育てる。

人の話を聴き、自分で考え、自分の意思でひとつひとつの行動に取り組める子どもに育てる。

人とのかかわりを大切にし、差別を生まない思いやりのもてる子どもに育てる。